アルミ缶とスチール缶

小さい頃は警備員と警察官の見分けがつかなかった私です。

当時はアルミ缶とスチール缶の区別も出来なかったわけですが、さすがに今はなんとなくわかります。とはいえ、100%ではないので捨てるときは必ず確認してから捨てます。

危険物、アルミ、スチール、びん、ペットボトル。

そうやってゴミの分別をしているのですが、最近「缶詰のフタはアルミ」ということに気づきました。今まで缶詰はスチールだとばかり思っていたので、そのままスチールの方に入れちゃってました。ごめんなさい。

缶詰のフタはあぶないので、その缶の中に入れて、そのままスチールに入れていたのです。偶然、その缶に「フタはアルミ」と書いてあるところを見たので、気づきました。

そこで周りの人にも聞いてみました。フタはアルミと知っていたか?どちらに捨てていたか?と。

1人は「そうなの?でもフタは危ないから危険物にいれていた」といい、もう1人は「知らなかった。本体もフタもぜんぶ危険物に入れてた」

私は「フタは危ないなあ。回収するとき大丈夫かなぁと思いながら、フタはアルミ、本体はスチールに入れた。今まではどちらもスチールに入れてた」

三者三様でした。

分別する気はあるものの、正解を知らないままの分別。うーん、誰が悪いのでしょう。ゴミの捨て方のルールとして、ちゃんと書いてあったらごめんなさい。それを見ていない私が悪いです。

今度、見てみます。皆さんも自分の町のルールを確認してみてください。

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG