なんでやねん

大阪弁を使う人はどうして東京に来ても大阪弁なんでしょうか。

 

茨城県民が東京に行ったときは茨城弁を使いませんよね。田舎から来たということを隠そうとしている気がします。これは茨城に限らず地方から東京に出てくるとみんなそんな感じです。

 

そんな中、関西の人は違います。関西弁を控えることはなく、堂々と使っています。

 

無意識のうちに地域に優劣をつけているのでしょう。東京が1軍で、地方が2軍。だから、地方出身者は2軍の言葉である方言を使わないのではないかと思います。大阪の人は自分も1軍扱いなので、東京に合わせることをしないんだと思います。

 

もしくは、そんな優劣を気にしてないんでしょうね。だから、どこに行っても、自分の言葉を変えることはないのだと思います。自分の生まれ育った環境を大事にしているとも言えますね。

 

ただ、方言は方言で良いところもありますが、全国を股にかけている企業などは、地方の人と電話などでやりとりするとき、方言を使われると意思疎通がしにくくなるという側面もあると思います。

 

やっぱり、方言も共通語もどちらも話せるのに越したことはありませんね。

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG