文句を言うのはルールを守れない人

ルールを決めた時、それを守れないものがまず不満を口にする。

 

例えば、飲酒運転の罰金を200万円にするというルールが決まった時、お酒を飲む人は「高すぎる」と文句を言うでしょう。でもお酒を飲まない人からすれば「別にいくらでも構わないし、罰金が高くなることで飲酒運転が減るなら良いんじゃない?」という感じです。

 

昨日書いたスマホの電源を一日切るということも、できそうな人は「この機会にやってみるか」となりますが、すでにスマホに依存してしまっている人は「なんでそんなこと勝手に決めるんだ」と文句を言うでしょう。

 

独裁政治で間違ったルールを決めようとしているなら、それに文句を言うのは良いのですが、皆で決めたルールに文句を言う人はだいたいが自分に甘い人です。自分がルールを破ってしまったときのことを考えるから、厳しいルールにしたくないのです。

 

ルールにしないと自分を制することができないとなると、どんどんルールが増えていくことになります。ルールでがんじがらめになる前に、自ら気づいて自分を律することができる人間になりましょうね。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG