親の価値観+自分の価値観→子の価値観

10代の価値観は親の影響をもろに受けます。言葉遣いや何気ない所作など、気づかないところでたくさん影響を受けています。親が敬語を使わないのに敬語を使う子どもなんてフグ田家のタラちゃんくらいです。

 

そんな価値観もまた、その親から影響を受け、それもまたその親から…いつの時代も親からの影響を受けていたことでしょう。その親の価値観と大人になってからの自分の価値観が混ざって、次の世代へ価値観バトンが繋がるのだと思います。

 

親の価値観だけなら、平安時代くらいからずっと変わらないものが受け継がれそうですが、そこに大人になってからの自分の価値観をミックスするので、価値観は時代に合わせて変化します。

 

親に「農家の子は農家を継ぐもの」と育てられても、大人になってから「農業じゃ割に合わないし、別の仕事に就いたっていいだろう」という価値観になった人は、我が子には「自分の人生、好きな仕事をしなさい」と言うでしょう。

 

親の価値観が微妙なものだったとしても、挽回するチャンスはあるのです。

 

そこもやはり「自分で考えること」が一番です。何をするにも考えることは避けられません。スマホやゲームで頭を使うことを避けるのは止めましょうね。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG