「ボケて」から学ぶ面白さ

つぎに笑うのは誰だ 元気になるのは誰だ

 

BUMP OF CHICKENの『大我慢大会』という曲のフレーズです。

 

笑うというのは考えないでできるものと考えてできるものがあります。

 

前者は大声を出して笑う感じで、後者はニヤッとする感じです。後者を古語でいうなら「をかし」ですかね。「趣深い」という意味です。

 

頭を使わずに笑えるのがこちら

頭を使って笑う例がこちら。

これを面白いと思うかは人それぞれですが、まず言わんとすることが理解できるかは各個人の歴史の知識によります。徳川綱吉が出した生類憐れみの令で犬が大事にされた歴史があるというだけで十分です。それがない人にとっては画像の意味がわからないでしょう。

これはあの昔話が頭に入っていれば理解できるもの。

「白い線以外を踏んだら自爆ね!」っていう遊びをしたことがある人なら分かるはず。

映画などでよくありそうな、体にダイナマイトを巻き付けた犯人が言うシーンが頭に浮かべば、これを面白いと思うでしょう。

これは単純に面白いというか可愛いので、おまけ。

 

人並みにする経験を、人並みにしていれば分かる面白さ。

 

逆に言えば、人並みの経験をしないと皆が面白いと言って笑っているときに笑えないんですね。

 

人生楽しむには何でもやってみることです。そのうち、一生をかけてでも追いかけたくなる面白いものに出会えるかもしれませんよ。

 

勉強は人生を豊かにする。

 

豊かにするために勉強するわけではありませんが、思わぬ副産物もあるということで。

 

つぎに笑うのは誰だ 元気になるのは誰だ

 

その答えはあなたの中に。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG