私が思う合格する人の型

昨日の記事に引き続き、今日も型について。

 

合格する人の型を羅列してみます。高校受験は1.1倍程度の倍率なので、普通にしてるだけで合格していく人もたくさんいますが、無理だと思われたけれどものすごく伸びて合格した人に絞って、思い当たるものを挙げていきます。

 

「第一志望がブレず、一貫して言い続けている」

 

志望校下げようかなという考えが過ぎった人は要注意です。

 

「スマホなど誘惑になるものは自ら親に返上している」

 

私も見習いたいものです。

 

「一人での行動が多い」

 

集中力が切れるタイミングは人それぞれなので、休憩したいタイミングも違います。友達と合わせようとすると集中力持続時間が極端に減ります。

 

「休憩中にするのも勉強」

 

将棋の藤井聡太7段は休憩として詰将棋をやっていて「休憩の方が頭を使って疲れちゃうじゃん」と言われるとか。勉強は勉強でも、数学の難問挑戦と社会の一問一答は頭の使い方が違いますからね。違う頭を使うことで休憩しているという感覚なのでしょう。

 

「周りの人に『勉強しろ』と言われない」

 

言われる前にしてますからね。逆に、もう少し休んだら?と言われるようなら、この型にハマっている証拠です。

 

現在、午前4時15分。もう頭が回りません。

 

また思いついたら書きます。おやすみなさい。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG