合格する人の型にハマれ

合格する人には合格する人の、不合格になる人は不合格になる人の型があるようです。

 

例えば、プロ野球選手になりたいというA君とB君がいるとします。二人の実力は同じだとします。そして、A君は甲子園でも勝てる高校に入り、B君は毎年県大会の1回戦で負けるような高校に入ったとします。どちらがプロ野球選手になれると思いますか?

 

おそらく誰もがA君と答えるでしょう。

 

プロ野球選手のほとんどは道なき道を切り開いてきたわけではなく、プロ野球選手になる人の型にはまった人が多いはずです。つまり、甲子園で勝てるような強豪校に入るという型です。その型にハマるか否かの違いは、プロ野球選手になる可能性の大小に大きく関わってくると誰もが分かっているでしょう。

 

プロ野球業界から見れば、A君やB君の人間性を見ているわけではなく、型にハマっているかどうかを見ているわけです。型にハマるのであれば、B君がプロ野球選手になっても良いのです。これは社会のあらゆるところで起こる現象であり、当たり前のことなのです。

 

会社が人材を募集するときも、会社が求める型にハマってくれる人を探しているし、高校だって「合格ラインを突破する型」にハマった人を待っているのです。その型にハマっていれば、別にA君だろうがB君だろうが関係ありません。そこに人間性の入る余地はないのです。

 

そして、何年も受験生を見ていると、合格する人しない人のそれぞれの型が見えてきます。

 

「成績が上がらない、どうしよう」と言っているだけで行動が伴わない人は、合格できない人の型にハマっています。

 

残り半年、スマホを親に預ける人は合格する人の型です。その型にハマって不合格だった人を見たことがありません。

 

友達と行動している人は成績が上がらない人の型にハマっています。

 

本当は中学生の皆さんにも型は見えているはずです。どの型にハマっているかも、自覚しているでしょう。

 

本当にその型にハマったままでいいのか考えてみてください。

 

休憩時間に単語帳を開いたり、理科や社会の一問一答をしたり、スキマ時間を上手く使うのが成績が上る人の型です。クラスや学校にいる勉強のできる友達や成績が急激に上がった友達を見て、型を見つけて、ハマってみてください。成績を上げたければ、その型にハマるのが一番手っ取り早いですよ。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル
>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG