誰のためなら頑張れるか

勉強すると一体誰のためになるのでしょうか。

 

自分のため。将来のため。その答えが大多数だと思います。もちろん、それは間違っていません。今勉強しておけば、いつか自分に返ってくると思います。

 

では、自分のためなら、本当に頑張れるでしょうか。

 

「自分のためになるから頑張れ」と周りの大人は言うでしょう。でも、そう言われて本当に頑張れる子はどれくらいいるのでしょうか。少なくとも私が中学生なら、そう言われてもモチベーションが上がらないでしょう。

 

将来の自分のためと言われてもピンとこないのです。

 

さらに私は「自分のためだというのなら、勉強しなくて困るのは自分だってことだから、周りに被害が及ばなければいいか」とも考えます。

 

つまり、自分のためには頑張れないのです。

 

逆に「次のテストで100点取らなければ、家族の命はないぞ」と脅されたら頑張る気がします。

 

「100点取らなければ自分が塾に行かされる」のであれば頑張りませんが「100点を取らなければ恋人が奴隷として重労働させられる」なら頑張ります。

 

つまり、誰かのためなら頑張れるのです。

 

自分が不甲斐ないせいで、家族や大切な人に被害が及ぶと判った途端、本気モードになるのが私です。私のような人は「自分ためになるから」と説かれても、本気になれないのです。

 

おそらく、私のような考えの中学生もいるはずです。そういう子には「あなたが次のテストで80点とらなければ、お母さんがあなたの代わりに塾に行って勉強するから。そしてあなたに勉強を教えてあげる」と言ってあげると効果あるかもしれませんね。

 

そのとき「僕のせいでお母さんを大変な目にあわせてごめんなさい」ではなく、「いってらっしゃ~い!よろしくねー!」と軽やかに送り出されてしまったら、どうしようもないですけどね(笑)

役に立ちそうな話(心得・思考)の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG