流行を追う人、追わない人

私は流行を追わない人です。おそらく、私と同じタイプの人は7、8割以上でしょう。

 

テレビをつけると「今、流行りの」が枕詞の商品やお店をよく目にしますが、せいぜい多くても2割の人が流行を追っているだけだと思います。2割というのは少なく見えますが、現実では多いと感じる数字です。

 

警察官や学校の先生などの公務員は、働く人達の中でどれくらいの割合だと思いますか。

 

中学生にとっては、公務員である学校の先生が一番身近な職業だと思います。今までたくさんの先生を見てきているし、逆にそれ以外の職業の人とはあまり触れる機会もないので、公務員は多いという印象を持っていると思います。

 

2015年時点で、日本の公務員の割合は5.9%だそうです。約0.6割。その3倍以上の数字が2割です。現在は視聴率20%を超えるとすごいと言われるのも納得できますね。

 

何かしら原因があるので流行っているわけですが、その流行は本当でしょうか。

 

洋服でよく目にする「流行色」は皆が良いと思ってその色を選んでいるのではなく、実は2年前に流行色協会が決めているのというのを知ったとき、私は驚きました。そして、当時「流行なんて意味ないじゃん」と思ったのを覚えています。

 

そういうのもあって、流行には懐疑的な私です。「お腹空いた。何か食べたい」「このお店、今流行ってるらしいよ」「じゃあ、それでいい」というやりとりのように、何かを選ぶときは流行に乗れば考えなくて済むので、そういう意味では流行があってもいいと思いますけどね。

 

自分が好きな色の服を着た方がいいし、自分が好きなミュージシャンの音楽を聴いたほうがいいと思うので、結局流行には乗らないんですけどね。

 

これを言ってしまうと議論が終了しますが、結局は「流行を追っても追わなくてもどっちでも良いよ」です(笑)

 

はい、終了。

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG