初志貫徹と君子豹変

初志貫徹……初めに心に決めた思いや志を、貫き通すこと

 

君子豹変……徳のある君子はすばやくはっきりと誤りを正す

 

「目指せ!甲子園」や「東大合格!」のように、最初に掲げた目標を達成しようと、初志貫徹を合言葉にする人は多いでしょう。夢を叶えた人は初志貫徹した人ばかりなので、そういう人の声に耳を傾けると、初志貫徹が一番大事なように思えてきます。

 

しかしこの世は諸行無常。常は無く、絶えず変化しているのがこの世界です。そんな中だからこそ、初志貫徹をする姿が眩しいのかもしれません。風になびく稲穂の中に、風を裂いてまっすぐ立つ案山子が目立ちます。

 

初志を貫けるなら良いと思いますが、途中で変わっても良いと私は思うんですよね。

 

「生涯巨人」を掲げた松井秀喜選手も、最終的には活躍の場をメジャーリーグに移しました。その当時は、声援と悲鳴が入り乱れていた気がします。私は君子豹変タイプなので、最初に生涯巨人を掲げたとしても、挑戦できるなら、挑戦したいなら、メジャーに行った方が良いと考えていました。

 

多くの中学生も、第一志望にこだわるか、志望校を変えるかの二択に悩むときがくるでしょう。最終的に選ぶのは一つですが、どちらも正解で、どちらも不正解です。第一志望に合格したければ初志貫徹の精神を持てというのが大概です。結果で言えばそうなのでしょう。体感ですが、はじめから第一志望を曲げずに第一志望に合格すると言い続けた子の方が合格率が高いと思います。

 

第一志望に入りたいと勉強を始めたけれど、多くの時間を勉強に費やしているうちに、自分にとって勉強は苦痛でしかないと気づいたのなら、無理に第一志望に入らなくても良いと思います。勉強が苦痛であれば、背伸びして入る高校もまた苦痛になる可能性が高いでしょう。

 

第一志望に入りたいけど勉強は極力したくないという中学生。

 

そんな中学生に求められているのは、勉強好きになるように自分を変えていくか、志望校を変えるか、どちらかの変化です。

 

初志貫徹するために自分を変えるか、君子豹変で志望校を変えるか。

 

勉強が苦痛だと感じる子は、この先何かを変えないといけないということですね。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG