挑戦者と幸福者

人間には「挑戦者」と「幸福者」の2種類がある。

 

現状に満足せずに上昇志向の挑戦者。現状に満足する幸福者。

 

例えば、六畳一間の風呂なしアパートに住んでいたとして、「こんなところはやく抜け出して、もっと豪華なマンションに住みたい」と言うのが挑戦者。

 

「風呂なしアパート暮らしも趣があっていいじゃない」と言うのが幸福者。

 

どちらが良いかという話ではなく、価値観が違うという話。

 

挑戦者は幸福者に対して「もっと上を目指そうぜ」と言い、幸福者は挑戦者に対して「そうガツガツせずに、今ある幸せに浸ろうぜ」と言う。

 

仕事は挑戦者基質だけど家庭では幸福者基質という人もいるので、必ずしもどちらかに振り切れるわけではありませんが、大まかに分けるとこの2種類に分かれると思います。

 

挑戦者がいてくれるおかげで、科学はどんどん発展し、どんどん便利な世の中になります。

 

幸福者がいてくれるおかげで、物質的な豊かさだけが大切じゃないことを知ることができます。

 

さて、この話をすると、大抵の人は自分はどちらのタイプだろうと考えます。そうすると、挑戦者でも幸福者でもない第3のタイプに気づきますよね。

 

「六畳一間の風呂なしアパート生活を抜け出して、豪華な暮らしをしたい」と挑戦者のような事を言いながら、行動に移さずに何もしない人。

 

「風呂なしアパート暮らしを楽しんでるから良いじゃない」と言いながら、本当は満足していない人。

 

つまり、挑戦者にもなれず、幸福者でもない、残念な人。

 

世の中、どのタイプが一番多いのでしょうね。

 

挑戦者か幸福者でありたいものです。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG