レジに金額ぴったりボタンを

金額ぴったりボタン〜!!

 

ドラえもん風の言い方で書いてみましたが、伝わりますかね。一昨日と昨日の記事を踏まえて、忘れないうちに書いておきます。

 

ファミリーマートで買い物をしたとき、店員さんの手元を見ていました。私が427円の商品を買うために427円ぴったり出したら、店員さんは「4・2・7」と打つのです。当たり前でしょと思うでしょうが、私はそこで思ったのです。金額ぴったりボタンなるものはないのかと。

 

だって、そのボタンがあれば、金額ぴったりのときは1クリックで済むじゃないですか。427円だから、3回くらい打っても1秒もかからないと思うでしょうが、例えば1,426,968円の商品を買ったらどうですか?その数字を正確に押すの難しそうじゃないですか。

 

ボタン一つ押すのと、「4・2・7」と3回押すことの時間の差はほんの微々たるものでしょう。でも2回のプッシュを削ることができるのであれば、その方が良いと思うんですけどね。動作の一つを削るアイデアがあるだけに、それをしないのがもったいないと感じます。今からそれを対応しようとして金額ぴったりボタン機能を追加しようとしたところで、それが完成するころには電子マネーやスマホ決済が主流になっていて、金額ボタンすら押さない社会になっているかもしれません。

 

時代の変化が早いのだから、出たアイデアはすぐに実践してみないといけません。アイデアは生ものです。そして、アイデアは出すだけなら簡単です。それを実現するのが難しいのです。私は無責任だからアイデアだけをこうやって口にします。ファミマの偉い人、このブログを読んでいたら改善してください!

 

話は変わりますが、9ヶ月の娘が風邪を引いてしまいました。鼻が詰まったり、咳をしたりしていて、見ていてとてもかわいそうです(T_T)

 

皆様も十分お気をつけください。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG