シャワー後の髪をどうやって乾かすか

「シャワー後の髪を乾かす時、ドライヤーを使わない方が良い」という意見があります。本当でしょうか。

 

そもそもドライヤーが一般的に普及したのは長い歴史から見たら、ごく最近の出来事です。それまではドライヤーに頼らず濡れた髪を乾かしていたでしょう。人類は科学技術の進歩とともに怠け者になっています。

 

ご飯を炊くのは今やボタンひとつです。でもそんな時代に慣れると今度は「やっぱり直火が良い」と言っては古き良き時代を引っ張りだしてきます。電気屋の炊飯器コーナーを見ると、たいてい昔ながらの釜の写真が添えてあり、「釜で炊いたような」という謳(うた)い文句があるので、やはり釜が一番なのかもしれません。

 

そこで、ドライヤーです。釜の方を良しとするなら、自然乾燥の方が良しとされそうですが、いかがしょう。人為的に、機械で無理やり作った熱風で乾かすより自然乾燥した方が良いと言われれば、そんな気もします。濡れた髪はすぐ乾かさないといけないからドライヤーを使ったほうが良いと言われれば、そんな気もします。

 

「濡れたまま放置して良いものってあんまりありませんよね。タオルだって濡らしたまま放置したら、生乾きでにおうし。カビは水気のあるところに生えるし」とドライヤー派に言われたら、私はそちらを支持します。説得力ありますからね。

 

私はドライヤーを売りたいわけでなく、何が言いたいのかというと「人は信じたい情報を信じる」ということです。新しいドライヤーを欲しいと思っておねだりする人はドライヤー派の意見をなぞるでしょう。髪をドライヤーで乾かすのが面倒だと思っている人は、自然乾燥論者を支持するでしょう。

 

つまり、正しい意見より、信じたい意見を信じるのが人間というわけです。過去の情報が全くの嘘だったなんてことはよくあります。最近の熱中症も、おじいちゃん世代に言わせれば「熱中症になるやつは根性が足りないやつだ」となるでしょう。そう考えると、何が正しいかなんて分かりません。だから、信じたい意見を信じる姿勢で良いんだと思います。

 

ただ、信じたい方を選ぶにしても、選択肢がないと駄目ですからね。なるべく今あるものの逆側に目を向けて、その上で考えるようにしています。良いも悪いも、フィルターにかけることなく、まずはいろんな情報を集めるところから始めましょうかね。



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG