逆から攻めるアプローチ

夏になると冬を請(こ)い、冬になると夏を請う。

 

今日も授業のない学年の生徒が自習に来てくれて、常に誰かしらが自習ブースを使っている毎日です。机に向かう後ろ姿を見ていると、別にLilyに来てなくてもちゃんと勉強できてたんじゃないかなと思うほどです。

 

中学生のうちは塾という場所に頼って良いですが、大学受験、そして社会人になってからの勉強ではそうはいきません。自分で学習スペースを見つけ、学習する習慣をつけることが大事です。Lilyの生徒はその土台ができてきているようで嬉しく思います。

 

机にずっと向かっていると体を動かしたくなるものです。逆に、体を動かし続けるとじっとしていたくなるものです。隣の田が青く見えているようですが、自分がしていない方をしたくなるのは至って正常な心理です。夏には冬を、冬には夏を思うのも同じ心理でしょう。

 

学習の逆のことを取り入れれば、やがて学習もしたくなるということです。だから、揃えました。体を動かす器具を。休み時間の使い道で、思い切り休む以外に、思い切り体を動かすというのもありますよね。これから夏休みを迎え、机に向かう時間がより長くなるので、上手に体を動かして、心と身体をコントロールしてくださいね。

 

誰より私がそれらの器具を使います。夏が終わる頃は体型が変わっているかもしれませんよ。

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG