テストの後にも自習に来た生徒の話

一人でいるときの行動で、その人の真価が問われます。

 

誰かの前ではかっこつけるのが人間です。そこには素は映されにくいのです。一人のときの行動を見ると、その人を知ることができます。とはいえ、誰かが見ている状況では「一人でいる」ことはできません。結局、その人の真価はその人にしかわかりません。

 

誰かが見ているからゴミを拾う人と、誰も見ていなくてもゴミを拾う人では、違うということです。でも、一人でいる状況の相手を見ることができないので、その人が誰にも見られていないときにゴミを拾う人かどうかなんて確かめられませんよね。

 

「俺、誰も見てなくてもゴミ拾うよ」という自己申告を信じて、その人を良い人だと思い、付き合ってみたら最悪だったなんていうこともよくあります。自分以外の誰かの「一人のとき」をのぞくことはできないので、その人の台詞だけで真価を見定めるのはやめておきましょう。

 

本気で勉強する気になったかどうかは「一人でいるときに勉強するかどうか」を見ればわかるのですが、前述の通り、真実は本人しかわからないので周りの人には確認する術はありません。でも、「期末テストが終わった後にも自習に来る」という姿勢は大いに評価してあげるべきです。もちろん、これは「一人でいるとき」ではないので、建前の姿かもしれません。頑張っているアピールかもしれません。それでも、褒めるべきだと私は考えています。

 

テスト前に勉強するのは当然です。テスト「後」に勉強するかどうかが重要なのです。以前、「テストは終わりか始まりか」というタイトルのブログを書きましたが、まさにこれです。テストは始まりなのに、そこに気づかないのが大半の中学生なのです。そんな中学生を横目に、自習に来た中2・中3の生徒達。とても素晴らしいです。

 

「自ら勉強する生徒を育てる」ことは「未来を選べる生徒と育てる」ということ。Lilyの目的が一つ達成できた瞬間でもあります。今後はそれを継続できるように、応援することを続けていきたいと思います。



「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG