会う回数と感情は比例する

毎日会っているだけで、人はその人を好きになるそうです。

 

それだけで好きになってもらえたら苦労しないよ!という声が聞こえてきます。「いや、逆に毎日会ってたら余計嫌いになるわ」と思った人は、きっと嫌いな誰かが心の中にいて、その人を思い浮かべたのでしょう。でも、考えてみれば確かに、毎日会っている方が好意を持つ確率は上がると思います。

 

人見知りというものがあります。初対面の人の前ではとても緊張するものです。人見知りとは、目の前の人が本当に自分に害がないかを確認する作業だと思います。無防備な赤ちゃんが人見知りせず誰にでもくっついて行ってしまうと、それはそれで大変ですからね。人見知りするくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

そんなふうに、人見知りとは本能として備わっている機能だと思います。人見知りでガードを固めて、自分を守っているのです。そのガードを解くためには毎日顔を見せることです。毎日会うことで、この人は大丈夫と思われるようになるのです。

 

さらに、毎日顔を合わせているといつの間にか仲間意識が芽生えます。卒業するころクラスが一致団結するのもその心理が働いているのでしょう。逆に、嫌いな人であれば、毎日顔を合わせるのは逆効果になってしまいますが、たいていは長く一緒にいる人に愛着が湧くものです。

 

私だって同じです。テスト前だからというのもありますが、最近よく勉強をしに来る生徒達がいます。そんな生徒達に対して、愛着が湧き、応援する気持ちが大きくなるのです。期末テストに向けて自分なりにできる限り応援しました。それだけに明日のテストの結果が気になります。たぶん、本人以上に気にしているでしょう。明日のテストがワクワクでドキドキです。

 

ということで、皆!頑張って来てね!笑顔の結果報告待ってます!!





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル

真面目編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG