ユーモアテストが課されたら

例えば、待ち合わせをして相手に待たされたとします。「長い間待った」ということを相手に伝えたいとき、どんなふうに言いますか?

 

「1時間も待ったよ」

 

具体的な数字を言う人もいるでしょう。それを言われた相手は「ごめんなさい」としか返せませんので、空気が悪くなってしまいます。ユーモアはないと言わざるを得ません。

 

「待ってる間、かけ算九九を言ってたら78の段まで行っちゃったよ」

 

これはどうでしょう。待たせた相手も「そんなわけあるか」とツッコミたくなりますね。

 

「スマホのバッテリー、残り3%になっちゃった」

 

これはボケているのかわかりにくいので、待たせてしまった方も「ごめんなさい」と言うでしょう。

 

「桃鉄99年終わらせたわ」

 

桃太郎電鉄というすごろくをベースにしたゲームのことですが、ゲーム中の99年は実際の時間でだいたい40時間かかります。「そんな待たせてないでしょ」ってツッコミを入れられますが、桃鉄を知らない人だと突っ込めないので、相手を選ぶ言い回しということになります。

 

なかなか難しいものですね。もし冒頭のような問題をユーモアテストとして課されたら、対策は大変ですね。最近、情報科目が追加されるというニュースを目にしましたが、ユーモアテストも追加されたら面白いんですけどね。今後に期待しましょう。

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG