テストは終わりか始まりか

人は始まりを終わりと勘違いすることが往々にしてあると思います。

 

大人でいえば結婚が、学生でいえば付き合うことがゴールになっていたり、高校受験がゴールになっていたりします。それらはすべて始まりだということに、通り過ぎてから気づくでしょう。先日受けた中間テストもまた始まりと言えます。しかし、始まりを終わりと認識している人は、そこで満足してしまい、その先への歩みを止めてしまいます。

 

始まりを終わりと見誤っては、先見の明を持つことは難しいでしょう。それがある人との差は開く一方です。少し違いますが「3人のレンガ積み職人」の話が思い出されます。

 

モチベーションは欲から来るものだと私は思いますが、その欲を生み出す行為として、未来を想像することが挙げられます。大人になると大抵の人は「勉強はしておいた方が良い」と言います。それくらい勉強は必要なのですが、子どものうちは気づきにくいものです。そんな中、自分が大人になった未来を、同じ台詞を言うシーンを想像できる子がいたら、その子はきっと今勉強していることでしょう。

 

甲子園出場をゴールとする人、甲子園優勝をゴールとする人、甲子園はプロ野球への通過点だと考える人、照準の合わせ方は各々の人生のスケールによりますが、高い位置に照準を合わせている人は、子どものうちから、周りから一目置かれていることでしょう。

 

テストを始まりと考えれば、中間テストを終えたばかりの今がまさにスタートライン。テストを終わりと考えて、今は部活や恋愛や他のことに傾倒しようとする人との差のつけ所です。ここでの一歩が大きな差を生む一歩となりうるので、今からテスト後の勉強を始めましょう。

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG