雑務

雑草という名の植物はない。

 

植物には一つ一つ名前がついていますが、そこら中に生えている植物を雑草と呼んでしまいます。興味のなさも手伝って、名前を知ろうとはしないからです。オオバコやハルジオンはその名を聞いたことがある程度で、名前と見た目を一致させる自信はありません。

 

仕事にもいろんな種類があり、中には雑務と呼ばれる仕事も存在します。電球の取り替えやゴミまとめなど、ちょっとした作業のことを指します。雑草と同じように雑務もまた軽視されてしまいがちです。それをしてくれている人がいても、評価の対象にはなかなかなりません。大切だけど目立たない、そんなイメージです。

 

塾の仕事は大きく分けると、生徒の学力を伸ばすことに直結する仕事とそうじゃない仕事になります。例えば、プリントを作ったり、解説の方法を考えたりすることは学力向上に直結する仕事です。ポスターを貼ったり、机を整頓したりするのは直結しない仕事です。塾講師である以上、学力向上に直結する仕事を最大限にやりたいところですが、そればかりやっていればいいという状況はそうそうありません。雑務と呼ばれる仕事もこなす必要があります。

 

また、会社が大きくなればなるほど、学力向上に直結しない仕事も増えていきます。目的の曖昧な会議や、意義を見出だせない出張など、直結しない仕事に時間を奪われていきます。間接的には学力向上に影響があるとは思いますが、やはり避けたい仕事です。それにもかかわらず、勤務時間の50%以上はそういうものに時間を割いている気がします。塾業界にかぎらず、会社というのはどこもこんな感じなのではないでしょうか。

 

それに引き換え、今は95%くらいが学力向上に直結する仕事ができています。これこそが望んだ環境です。今なら「生徒に100%理解させることができる」と断言できます。そろそろ中間テストが近いので腕の見せ所です。雑務をさらっとこなして、教え方を研鑽(けんさん)しながら過ごす毎日はまだまだ続きます。

お気楽編の最新記事8件

>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG