スリープ

一度完全に消えた火を再び点けるのはなかなか大変です。

 

車は発進時が一番燃料を消費するそうです。人もまた同じような性質があります。0から1の作業はエネルギーがいりますよね。1から2の方が簡単です。

 

掃除を始めようと重たい腰を上げるまでに時間がかかります。でもいざ始まってしまえば、気分が乗ってきます。でも、掃除が終わって用具を片付けた後、やり残した場所を思い出した場合、もう一度用具を出して掃除する人はどれ程いるのでしょうか。

 

勉強も仕事も同じです。一度閉じたノートを開ける人はそうはいません。明日でいいや、今度でいいやとなってしまいます。それは一度完全に鎮火してしまったからですね。

 

そこでおすすめなのが、終わらせないという終わらせ方。どういうことかというと、最後まで終わらせず、あえて少し残した状態にしておくというものです。最後まで終わらせた方が達成感はありますが、それを味わってしまうともう一度やろうという気力が削がれます。少し残っている状態なら、まずそれをやっつけてしまおうとなり、スタートに要する時間が短くなります。

 

そんな方法を最近実践しています。やはり、取り掛かりは早くなりました。「何をしようか」と考える時間が省かれるだけで、こんなにもスムーズに行くものなんですね。

 

シャットダウンではなくスリープを。

 

皆さんもぜひ、やりたいけどなかなか腰が持ち上がらないという作業があったら、応用させてみてください。





「この記事、なんか良い!」と思ったらクリックしてください!
私のモチベーションが5上がります。
▼ ▼ ▼


高校受験ランキング

学習塾Lilyチャンネル
>学習塾Lilyの方針

学習塾Lilyの方針

通塾生の学力向上を第一に考え、行動します。

Lilyのブログを毎日更新します。

CTR IMG